ファッションWeekly

アクセスカウンタ

zoom RSS モデルとは、、、、

<<   作成日時 : 2013/09/16 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モデルとは、被写体として、ブランドイメージを体現、表現する職業、、、

なのではないのだろうか?


以前から思っていることだが、

いわゆるファッションモデル、これは、ショーモデルを目指し、ブランドのイメージモデルとしての契約などを第一としている人。

そして、タレントモデル。これは、自分自身を売り出し、自分が着ていることを広告とする人。
生身の広告代理店なのかもしれない。


今の日本には、ファッションモデルはほとんど有名な人は少ない。


もちろん、少ないというのも事実だが、日本のファッション業界、そして雑誌媒体業界が、タレントモデルを起用することしか、手法をしらないのかもしれない。

これは、ブランドマネージメントであったり、つまりは、ブランディングが下手なのである。


ブランドイメージを作り上げ、ブランドを作る事が下手なメーカーが多いため、結果としてタレントモデルの力を使う。

それが、ブランド力ではないのに、勘違い、結果ブランドが長続きしないということなのではないだろうか?


もちろん、タレントモデルにあこがれている客層が多いのもわかるが、それをブランドと勘違いしてはいけないし、

たとえタレントも出るであろうとも、モデルとは、「着用物を良く見せること、ブランドの世界を表現すること」

がしごとではないのだろうか?


とあるタレントモデルを起用してブランドイメージフォト撮影をした知人の話。

AWのアウターの写真取りで、アウターの中のインナーニットにクレーム(厚いだの、写らないだの)

をいれるタレントモデルも多いと聞く。


もちろん、タレントモデルの広告力というのは、強いものがある。

しかし、ブランドというものを確立していくなら、まずは、ブランドありきであり、それは、タレントモデルが作るのではなく、

メーカーが作り出していかないものなのである。

ぜひ、ブランディングを意識して、これからのファッション界を盛り上げて欲しい


オスカープロモーション教育全集・モデル編 [DVD]
オスカープロモーション
2010-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オスカープロモーション教育全集・モデル編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロのプロによるプロの為の「アパレル辞典」

Art&Fashion



モデルとは、、、、 ファッションWeekly /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる